タイ・バンコク(タニヤ)のカラオケ&バーさくらドロップスにお越し下さい。バンコクでの夜遊びにおすすめ!さくらドロップスはBTSサラデーン(Sala Daeng)駅から徒歩1分。ビルの6階にあります!タニヤ通りで看板が一番高いところにあるカラオケ&バーさくらドロップスをよろしくお願いします!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:+66-63-949-9399
営業時間 18:00~翌1:00
※定休日:王室関連の祝日、仏教行事の祭日、法令で定められた禁酒日
公開日:2019年2月18日
最終更新日:2019年3月26日

以前も少しお話し(🔗タイでの日本人の評判がチョット良くない )をさせて頂きましたが、今回は、最近のタニヤにお越しになられるお客様の特徴的な行動についてお話しようと思います。また、どうしたらお客様にバンコクの夜を最大限に有効活用して頂けるのか、対応策も考えてみました。

お客様といっても大別すると、①駐在員の方、②出張で来られた方、③遊びで来られた方の3タイプに分かれますが、今回は③遊びで来られた方のお話です。ご存知の様に、ここ最近のタニヤの活気は凄いのですが、以前と比べてお客様の判断力が落ちてきたというか、選球眼(選嬢眼)が悪くなったというか、結構な頻度でお見かけするのが、散々お店を見て回って、その中で目星をつけておいた女の娘がいるお店にしようと思って戻ってみたものの、他のお客様についてしまって、女の子が居なくなってしまうケースです。次の店には良い娘がいるはず、次の次の店にはもっと良い娘がいるはずと見て廻り、女の子を決めきれずにズルズルいってしまう典型的なパターンですね。笑い話ですが、20店舗以上も見て廻ったものの、好みの女の子が見つけられず、そのままタニヤを後にする方も中には居ます。特に団体のお客様にその傾向が顕著に表れている様に感じます。先輩後輩、上司部下の関係があって、先輩や上司に先に気に入った女の子を選んで頂き、その後に後輩や部下であるご自身が女の子を選ばなけらばならない暗黙のルールがあることは重々承知しています。ですが、それにしてもなかなか決まらないケースを散見します。これらを目の当たりにしているガイドの間では「タニヤ嬢パトロール隊」等と揶揄されています。同じ日本人として、なんとか改善することはできないかと思案しています。というのも、日本人の評判が落ちると優良嬢が日本人をターゲットにしなくなり、ついては優良嬢が日本人カラオケ店に集まらなくなってしまう要因にもなりかねませんので、たいへん危惧をしています。(´・ω・)

そこで、以下の対応策をご用意してみましたので、タニヤ・パトロールで足を棒にしない為、また、バンコクの夜を最大限に有効活用する為にも、採用をご検討してみて下さい!(笑)

1)チョットだけハードルを下げてみる。
次の店にはもっと良い娘が居るのではないか?と期待し、次の店、次の次の店と見て回りたい衝動に駆られるお気持ちは、僕も若かりし頃に経験をしていますので、非常に良くわかります。その時は時間だけが早く過ぎて行き、最終的に少し妥協して女の娘を選んでいたものです(笑)。今だから判るのですが、最初からチョットだけハードルを下げていたとすれば、結構早目に女の娘が選べて、貴重なバンコクの夜を有効に使うことが出来ていたはずです。ただしハードルの下げ方にチョットしたコツがあって、合う合わないがあるかとは思いますが、自分で試した中でこれは良いかなと思う方法がありますので、本ブログを見て頂いた貴方に特別にお教えします。

<<<< テーマを決める >>>

こだわるテーマを3つ程度に絞るやり方です。代表的なテーマは以下となります。①ルックス、②スタイル、③お色気、④性格、⑤言葉、⑥性格(愛想良さ、気配り)、⑦ノリ。このテーマの中から3つだけ選び、それを基準に女の子を選ぶのです。⑥と⑦は女の娘を選ぶ時にはわかりづらいですが、アピールの良い娘は性格が良い娘が比較的多いです。僕のよく選ぶテーマの組み合わせは②スタイル、③お色気、④性格の3つです。初めてタニヤに来られる方でしたら、①ルックス、④性格、⑤言葉、の組み合わせか、①スタイル、④性格、⑤言葉、の組み合わせがオススメです。ちなみに、①ルックス、②スタイル、⑤言葉とすると地雷を踏む確率が高くなります。この手の女の子は🔗置屋カラオケに多数います。

2)団体を2~3名の小集団に分ける

団体様で人数が多くなれば多くなるほど、1店舗にメンバー全員が気に入った女の子が居るというケースはまずありません。もしも団体様で1つのお店で飲んでいる時はメンバーの誰かが必ずと言っていいほど妥協をしているはずです。僕も同様のケースで妥協をした経験がありますので、良く分かります。妥協を避ける為にも、まずは団体を2~3人の小集団に分け、各々が気に入った女の子をまずは選んで、その後に比較的箱の大きいお店で皆で合流するのが良いと思います。お店側も嫌がる事はありませんので非常に有効な手段だと思います。「〇〇時に、△△店で落ち合いましょう」と時間と場所をあらかじめ決めておけば、ガイドに引きずられて団体でぞろぞろと練り歩く必要は無くなります。

3)早い者勝ちルールの採用

先輩後輩、上司部下はこの際関係なく、早い者勝ちで女の子を選ぶというルールを最初に決めてしまうことです。そうすれば「先輩から先に選んでくださいよ~」とか、「僕が部長より先に女の子を選べる訳ないじゃないですか~」とか言いながらズルズルと時間が過ぎてしまうのを回避することができます。この提案に対して文句を言う先輩や上司がいたら、そんな心の狭い先輩上司と今後も付き合っていいものかどうか、ゆっくり検討した方が良いと思います。(笑)

あまり過度な選び過ぎにならない様に、皆様ほどほどにしましょう!

Sponsored Link

この記事のキーワード

この記事の著者

さくらドロップス
記事一覧

著者一覧