タイ・バンコク(タニヤ)のカラオケ&バーさくらドロップスにお越し下さい。バンコクでの夜遊びにおすすめ!さくらドロップスはBTSサラデーン(Sala Daeng)駅から徒歩1分。ビルの6階にあります!タニヤ通りで看板が一番高いところにあるカラオケ&バーさくらドロップスをよろしくお願いします!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:+66-63-949-9399
営業時間 18:00~翌1:00
※定休日:王室関連の祝日、仏教行事の祭日、法令で定められた禁酒日
公開日:2019年3月11日
最終更新日:2019年3月24日

以前、タニヤのガイドについて、詳細にお話しをさせて頂きました(🔗バンコク・タニヤのガイドについて)が、今回はその続きです。皆さんは”お化けガイド”という言葉をご存知でしょうか?タイ語で”ガイド・ピー”と言いますが、発音の仕方によっては”ガィ・ピー”と聞こえるかも知れません。紛らわしいですので、此処では”ガイド・ピー”で統一することにします。(笑)

さて、”ガイド・ピー”のお話しをする前に、タニヤのガイドの変遷を少しお話する必要があります。タニヤ歴の長い方はご存知だと思いますが、ある一時期において、タニヤのフリーガイドの素行がとんでもなく悪い時期があったのはご記憶に新しいと思います。その際に警察の取り締まりがあり、フリーガイドの締め出しを行ったのですが、締め出されたガイドの内の何名かは、カラオケ店側に頼み込み、お店のユニフォームを借り、お店に所属している体で呼び込みをする様になったのです。実際にお店に所属している専属ガイドも居ますので、ちょっと見では見分けはつかないと思います。タニヤのガイドに対して嫌な思いをされたお客様の殆どは、過去に悪行をした為、締め出されたガイド達です。特徴的なのは既存のお店では既に過去の悪行が知れ渡っており、雇ってもらえない為、タニヤの新店舗ばかりを渡り歩く傾向があります。また、最近になって、タニヤのフリーガイドとして戻て来た悪徳ガイドも居ます。

悪徳ガイドの名前を挙げればキリがありませんが、特に注意しておいた方が良い悪徳ガイドについて、本ブログをご覧いただいた方だけに少しだけお教えします。

悪徳ガイド一覧

ガイドL男(ゲイ:見た目は男、心は女)

  • ▶ 自分のガイド代、ドリンク代をお客様に水増し請求する。
  • ▶ 手癖が悪い。(お客様が支払ったペイバー代金のピンハネ等)
  • ▶ 言動が悪い。(お客様や他人の悪口、悪評を巻き散らかす)
  • ▶ おくすり、博打好き。

ガイドJ子(日本語達者なポニーテールおばさん)

  • ▶ 日本語が達者なことを良いことに、フリーガイドや他のお店に所属するガイドが連れてきたお客様を自分の客としてお店に紹介し、紹介料を要求する。(他のガイドが連れてきたお客を横取りしたり、他のガイドに紹介料の半分をよこせ等と暴言を吐く)
  • ⇒ お客様に対しては、紹介料のダブル請求、もしくは料金が上乗せされることに繋がる。
  • ▶ 飲み放題の料金を500~600バーツに値下げをして、お客様を呼び込むものの、自分が席についてドリンク1~2杯を所望する為、お客様が支払う金額は逆に増えてしまう。

ガイドI美(日本語の上手な嘘つきおばさん)

  • ▶ 手癖が悪い。(お客様が支払ったペイバー代金のピンハネ等)
  • ▶ 外国籍(ラオス、ベトナム、ミャンマー)の女の子や、未成年の女の子をお店に紹介し、必要のないリスクをお店に背負わす。
  • ⇒ お客様にしてみれば、ご宿泊のホテルに連れて帰る場合、余計な配慮をしないといけなくなる。

ガイドP美(押しの強い巨乳おばさん)

  • ▶ 押しが強い!でも、巨乳なので許してしまう(笑)
  • ▶ 他店に所属している女の子を威嚇したり、喧嘩してみたり。
  • ▶ お金への執着心が半端ない。
  • ⇒ お客様に対しては、ドリンク催促が凄い。
  • ▶ おくすり、博打好き。

ガイド・ピー(お化けガイド)

タニヤ通りには数多くいます。お客様がご自身でお店を探し、入店しようとしている際に、背後から忍び寄り(時には話しかけながら)、お店に一緒に入り、さも自分の客であるかの様に振る舞い、紹介料をせしめる輩です。正に”8時だよ全員集合!”で「志村~っ! 志村~っ! 後ろ、後ろーっ!!」で出てくる幽霊と同じです。← わかる人居るかな?(笑)お客様にとっては、不必要なガイドの紹介料が発生してしまいますので、料金の上乗せに繋がります。

まだ、他にも居ますが、キリがないのでここら辺で終わりにしたいと思います。 もっと詳しくお知りになりたい方がいらっしゃましたら、お問合せ頂ければイニシャルではなく実名でお教えします。

さて、最後にお客様の目線でのお話をします。この様な悪徳ガイドから距離を置く方法としては、清々堂々と「ガイドは要らない!」と伝える事に尽きます。万が一、ガイドに直接伝えるのが難しいとお考えの方がいらっしゃたら当店へお越しください。そして「このガイド要らないからなんとかして欲しい!」と日本語で仰って頂ければ、当店にて対処させて頂きます。当店で飲んでいただければ嬉しいですが、そうでない場合でも結構です。個人的な感情として、海外で困っている同胞を見捨てる事は出来ませんので、惜しみなく最大限のサポートを致します。

Sponsored Link

この記事のキーワード

この記事の著者

さくらドロップス
記事一覧

著者一覧