タイ・バンコク(タニヤ)のカラオケ&バーさくらドロップスにお越し下さい。バンコクでの夜遊びにおすすめ!さくらドロップスはBTSサラデーン(Sala Daeng)駅から徒歩1分。ビルの6階にあります!タニヤ通りで看板が一番高いところにあるカラオケ&バーさくらドロップスをよろしくお願いします!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:+66-63-949-9399
営業時間 18:00~翌1:00
※定休日:王室関連の祝日、仏教行事の祭日、法令で定められた禁酒日
公開日:2019年2月19日
最終更新日:2019年3月13日

今回はタイでの投資詐欺被害のお話しをしたいと思います。これが意外と多いんです。しかも金額もかなり高額で、時には1人あたり数千万円という悪質な投資詐欺がタイ等で横行しています。

典型的な手口としては、日本にてタイで起業して大成功している日本人の話を聞く事ができるセミナー等が開かれ、日本でも飲食店の経験が豊富で、実際にタイで飲食店投資をして大儲けしていると自称する日本人男性がスピーカーとして壇上で聴衆に熱心に語りかけるところから始まります。

その日本人男性が言うには、『日本の市場はこれからシュリンクして行くが、タイは東南アジアの中心として成長著しく、しかもタイでは、日本ブランドは憧れのシンボル!中でも、日本人経営でサービスの行き届いた高級日本料理店は羨望の的で、高い利回りを得ることが可能である。』等と投資家の心を擽ります。

その後に現地視察ツアーの案内があり、セミナー参加者の中から興味を持った投資家がツアーに参加することになります。また、その際にタイミング良く掘り出し物件の案内がなされたりします。タイへ初めて足を踏み入れ、バンコクの今を目の当たりにした投資家達は浮足立ち、最終的にはタイへの投資の決断をすることになります。その後、そのお店がどうなったかの詳細についてはこちら(🔗 日本人がカモに「タイの投資詐欺」全手口)をご覧ください。(その他の詐欺については”バンコク詐欺師”で検索していただければ腐るほど記事が出てきます)

それだけではありません、海外投資には特有のリスクが潜んでいるところに本当の恐ろしさがあります。日本で詐欺に遭ったとしても大変なところ、海外であることで更にリスクが増すことになるのです。具体的には不法就労(労働許可無しで外国人が働くこと=違法)の容疑をかけられたり、税務署に通報されて脱税の疑いをかけられたりすることです。そうすることで投資家を犯罪者に仕立て上げ、タイの刑務所へ送り込もうとします。これは投資家がタイに居られない様に詐欺師が裏で仕向けているのです。日本人がタイの刑務所に放り込まれたら、それはもう悲惨です。想像しただけでも身震いするくらいです。

今回お話しした様な事にならない為にも、タイへの投資をご検討の際には細心の注意払ってご検討される事をお勧めします。当店でカラオケ店や飲食店投資のお手伝い(参考HP:🔗BIZパートナー)をしますが、この様な詐欺行為は致しませんので安心してご相談下さい。(^_^)

実際にタイで起業をされ、事業で成功を収めている方がいるのも事実です。リスクを恐れて何もしないのではなく、リスクを意識した上で、そのリスクをミニマイズ化し、高利回りを実現することが可能であることも付け加えさせて下さい。

Sponsored Link

この記事のキーワード

この記事の著者

さくらドロップス
記事一覧

著者一覧